クローラビリティを改善する方法

スポンサーリンク

クローラビリティを改善する方法

 

クローラーがWEBサイトを巡回しやすさをクローラビリティといいます。

 

クローラビリティを改善することにより、WEBページがインデックスされ検索結果に表示されるページが増えます。

 

つまり、アクセスがさらに呼び込めるというわけですね。

 

SEO対策に非常に重要な要素なので、しっかりと対策していきましょう。

 

 

クローラーが巡回しやすいサイトにするためには大きく分けて3つの要素があります。

 

  1. ディレクトリ構造
  2. リンク階層
  3. URL設定

 

 

今回はこれらについて説明していきます。

 

 

ディレクトリ構造

 

良いサイト内の構造は内容が近いコンテンツはカテゴリー分けされていて
1つのカテゴリー内に複数のディレクトリがある方がわかりやすいサイトになります。

 

逆に悪い例は1つ1つのカテゴリーに1記事しか書いていなかったり、
幅広い内容のコンテンツがあったら、何のサイトなのかわからなくなってしまいます。

 

近いテーマでディレクトリにまとめることで、クローラーは巡回しやすくなりますし、
ユーザーにとっても便利なサイトになります。

 

 

スポンサーリンク

 

リンク階層

 

リンク階層はトップページから何回クリックしたらクロールしてほしいページにたどり着くかということです。

 

サイドバーだけではなく、本文中やグローバルメニューやフッターなどにも内部リンクを充実させておきましょう。

 

特にクロールしてほしいページはクリック1、2回でたどり着けるように構成しておくのがよいです。

 

 

URLの設定

 

URLはできるだけシンプルで短いURLがクローラビリティは高いです。

 

URLはの表示は大きく分けて2種類あり、「?」や「&」などでパラメーターがついた「動的URL」とシンプルな「静的URL」がありますが、これらはクローラビリティには関係ありません。

 

ただ、無駄に長いURLは検索エンジンに嫌われがちです。

 

 

 

クローラビリティのまとめ

 

クローラーがサイトのページをインデックスしないことにはアクセスは0なので、ここはしっかり意識して対策を立てるべきです。

 

ここでページのランクが左右されますので、ディレクトリ構造、リンク階層、URL設定がちゃんとできているか今一度チェックしてみましょう!

スポンサーリンク