ネガティブSEO

スポンサーリンク

ネガティブSEOとは?

 

ネガティブSEOとは簡単に言うと他人のサイトの検索順位を下げることです。

 

ブラックハットSEOの一種です。

 

検索エンジンは不自然なリンクを嫌います。

 

つまり、自作自演で自分のサイトのURLを他の自分のサイトに貼りまくっていたら、
いつの間にか検索しても自分のサイトが出てこなくなってしまうというわけです。

 

使わないサイトに大量の競合のサイトのURLを貼ると
ライバルのサイトの検索順位を下げられるわけなので
自分のサイトの順位が上がるというわけです。

 

 

もしもネガティブSEOを行ったとしたら

 

ネガティブSEOを行えば逆にペナルティを受ける可能性もあります。

 

その行為自体が自作自演ではなくスパム攻撃と判断されれば、マニュアルウェブスパムチームやグーグルのアルゴリズムに無効化されることもあります。

 

つまり、ライバルサイトを攻撃していたら時間の無駄になる可能性があるということです。

 

ネガティブSEOをするぐらいなら自分のサイトのコンテンツを強化したほうが良いということになります。

 

 

スポンサーリンク

 

もしもネガティブSEOをされたら

 

やっと自分のサイトを上位表示することができたのに、
スパム攻撃を受けて検索順位が下がったり、検索順位に表示されなくなったりしてしまったら最悪ですよね。

 

ネガティブSEOの対策方法はありますので、安心してください。

 

SEO対策に必須のツール「ウェブマスターツール」を使うことにより自分のサイトのURLをどのサイトに貼ってあるのかがわかります。

 

ウェブマスターツールで怪しいサイトに貼ってあるURLを無効化することができるので、どれだけ悪徳業者がネガティブSEOをしたとしても無意味にすることができてしまうのです。

 

なので、何もネガティブSEOを恐れる必要はありません。

 

ウェブマスターツールの登録は必ず行っておきましょう。

スポンサーリンク