ペンギンアップデート

スポンサーリンク

ペンギンアップデートとは

 

ペンギンアップデートとは検索エンジンのアルゴリズム(検索順位を決める基準)のアップデートの1つです。

 

2012年4月から導入されたアルゴリズムです。

 

ペンギンアップデートを簡単に説明すると、不自然な被リンク発リンクのあるサイトはペナルティを受けるというものです。

 

ただ、SNSにリンクを沢山貼ってもペナルティを受けることはありません。

 

SNSに貼ってあるリンクに検索順位を上げる効果も下げる効果も受けないようにしてあります。

 

他のサイトにスパムの様にリンクが貼ってあっても影響を受けないように無効化することもできます。

 

詳しくは、ネガティブSEOをご覧ください。

 

ホワイトSEOをやっていれば関係のないアルゴリズムです。

 

 

こういうサイトがペンギンになる

 

  • ユーザーからしたら意味のないリンクがやたら貼ってある、リンク集の様な質の低いサイト。
  •  

  • とにかく質の低い(文字数がない)サイト。

 

こういったサイトがペナルティを受けます。

 

過度なブラックハットSEOは圏外に飛ばされる危険があります。

 

そこから考察すると、質の低いページは削除したほうがSEO的には良いという結論になります。

 

質の低い記事を削除して質の高い記事だけ残していけばユーザーがサイト内を巡回しやすくなるのでPV数(ページ観覧数)が上がるのでSEO的な効果は大きいです。

 

 

スポンサーリンク

 

もしもペンギンのペナルティを受けてしまったら

 

自作自演でリンクを貼って、ある日突然自分のサイトが圏外に飛ばされた時はどうすれば良いのかについて説明していきます。

 

まずは、原因となったリンクを全て外しましょう。

 

ハッキリ言ってそれぐらいしかすることはありません。

 

時間が立てばまた検索結果に表示されるようになりますが、
いつになったらペナルティが解除されるのかはわかりません。

 

ウェブマスターツールを使って管理していきましょう。

 

 

それか、サイトのドメインを変えてしまうという手もあります。

 

新規ドメインだと検索結果に表示されるのに時間がかかりますが、
中古ドメインだとすぐに復活できる可能性はあります。

 

サイトが圏外に飛ばされたら検索エンジンからの集客は全くなくなってしまうので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク